技術?ソリューション

土砂改良システム デイコンシステム

地下掘削や底泥浚渫によって発生する大量の軟泥や流動性の高い浚渫土は、その処理が大きな問題です。土砂改良システム「デイコンシステム」は、水を多く含んだ土砂を連続固化処理装置によって短時間で固化?改良し、運搬しやすく盛土などに再利用できるようにするものです。
処理方法には、主に塑性化処理、固化処理、軽量化処理があり、処理目的に応じて改良材を選ぶことで処理方法を決めます。それぞれの処理目的としては、「塑性化処理」は運搬性の向上、「固化処理」は処理した土に強度を持たせ盛土などへ再利用するのに有効です。「軽量化処理」は処理対象の土の単位体積重量を減少させ、盛土にともなう地盤沈下の緩和や裏込め土圧の低減を可能とします。

土砂改良システム デイコンシステム

特徴

  • 大量の汚泥や土砂を短時間に安定して連続処理できます。
  • 流動性の高い浚渫汚泥から陸上の掘削残土まで、幅広い土質に対応できます。
  • 処理装置がコンパクトなので、小さなスペースで施工できます。
  • 汚泥の性状や目的に合わせて、最適な改良材の選定と添加量の設定を行います。
  • 混合効率が極めて高いので、改良材の量を最低限に抑さえることができ、経済的な施工ができます。